洋画洋画ホラー

マーダー・ライド・ショー

洋画

HOUSE OF 1000 CORPSES
製作年度:(2003)
製作国:アメリカ

出演: シド・ヘイグ, ビル・モーズリイ, カレン・ブラック
監督: ロブ・ゾンビ

解説

あまりに過激な内容から公開が危ぶまれたものの、公開されるや異例の大ヒットを記録し続編製作も決定した話題のホラー。狂気の殺人鬼一家が繰り広げる地獄絵図を、B級ホラーテイストや見世物小屋的な要素満載で描く。監督は、怪奇趣味に彩られた映像・音楽センスで人気を誇り、これが初監督作となるヘヴィ・ロック界の巨匠ロブ・ゾンビ。『キル・ビルVOL.2』のシド・ヘイグ、『悪魔のいけにえ2』のビル・モーズリイら曲者揃いのキャストも見逃せない。

あらすじ

ハロウィン前夜、全米各地のB級スポットを取材していた2組のカップルがある田舎町にやってくる。車がパンクし困り果てた彼らは、途中で拾った美人ヒッチハイカーの家で車の修理を頼む。しかし、そこは呪われた殺人一家が巣食う猟奇世界だった。

タイトルとURLをコピーしました