邦画邦画SF邦画アクション

牙狼<GARO> ~白夜の魔獣~

邦画

製作年度:(2006)
製作国:日本

出演: 小西大樹, 藤田玲, 山本匠馬, 柴本優澄美, 肘井美佳
監督: 雨宮慶太

解説

その後の魔戒騎士・鋼牙たちを描いたスペシャル、その前編。鋼牙のもとに現れた鈴という少女が、阿門法師の伝言を伝える。死んだはずの邪美が、魔戒樹に取り込まれて生きているというのだ。鋼牙は鈴と共に魔戒の森に向かい、そこで鈴の兄である魔戒騎士・翼と出会う。シリーズ終了から9か月後にオンエアされた作品で、その圧倒的なアクション、目を見張るVFXは健在。邪美の覚醒と救出を描く前編は脇目もふらず、一直線にそのプロセスを描き、また魔界の森を開くため恐怖に耐える鈴を鋼牙がいたわるといった、鋼牙の人間的成長もしっかりと描いている。それに対して新キャラクター・翼の杓子定規な性格がかつての鋼牙を思わせるあたりは、シリーズならではの隠し味。大河、カオル、コダマらレギュラー陣は、鋼牙の情念という設定で登場。そのため鋼牙が大河やカオルを斬殺するというショッキングなシーンも。後編での零、翼との共闘に期待が募る1編だ。(斉藤守彦)

タイトルとURLをコピーしました