洋画洋画ホラー

ソウ5

洋画

SAW V
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ
映倫 R-15

出演: トビン・ベル, コスタス・マンディロア, スコット・パターソン, ベッツィ・ラッセル, マーク・ロルストン
監督: デヴィッド・ハックル

解説

殺人ゲームを仕掛ける究極の殺人鬼ジグソウと、彼のターゲットにされた人々の手に汗握る攻防を描き、大ヒットを記録してきたシチュエーション・スリラーの第5作。今回は、新たにターゲットとなった男女5人のサバイバルを追いながら、ジグソウが生前に託した遺言と遺品の謎が明かされる。監督はシリーズ第2作からプロダクション・デザインを務めてきたデヴィッド・ハックルが担当。シリーズの持ち味でもある残酷描写の数々と、衝撃のラストが見ものだ。

あらすじ

九死に一生を得たFBI捜査官ストラム(スコット・パターソン)は、ほぼ無傷でゲームを生き抜いたホフマン刑事(コスタス・マンディラー)こそがジグソウ(トビン・ベル)の後継者なのではないかと疑い始める。一方そのころ、密室になったとある部屋のコンクリートの床の上では、犬の首輪をはめられた男女5人が目覚めていた。

タイトルとURLをコピーしました