邦画 邦画ドラマ 邦画ファンタジー

妖怪人間ベム

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: 亀梨和也, 杏, 鈴木 福
監督: 狩山俊輔

解説

異色のストーリー展開とビジュアルで話題を呼んだ伝説のテレビアニメを、亀梨和也、杏、鈴木福の共演で実写化した人気ドラマ「妖怪人間ベム」の劇場版。醜い容姿ゆえに嫌われながらも、いつの日か人間になることを渇望する妖怪人間ベム、ベラ、ベロの3人が遭遇する史上最強の妖怪との戦いや、ベロの初恋を描く。映画版オリジナルのキャラクターで、人間でありながら妖怪の能力を持つ“人間妖怪”には観月ありさがふんし、本格的な特殊メイクやワイヤーアクションにも挑んでいる。

あらすじ

怪異な姿に正義の心を持つ妖怪人間のベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木福)は名前の無い男(柄本明)との戦いで、人間になることよりも人間を手助けしていくことを選び、あてもなく放浪していた。そんな彼らは、たどり着いた街で連続して不可解な事件に遭遇。事件の謎を追う中、ベロはMPL製薬の新薬開発研究者の娘みちる(畠山彩奈)と出会い、恋心を抱く。

タイトルとURLをコピーしました