洋画 洋画サスペンス 洋画ドラマ 洋画犯罪

太陽がいっぱい

洋画

PLEIN SOLEIL
PURPLE NOON
製作年度:(1960)
製作国:フランス/イタリア

出演: アラン・ドロン, マリー・ラフォレ, モーリス・ロネ, エルヴィール・ポペスコ, エレノ・クリザ
監督: ルネ・クレマン

解説

『禁じられた遊び』などのフランスの巨匠ルネ・クレマンが監督を務め、パトリシア・ハイスミスの小説を映画化したサスペンス。イタリアに金持ちの道楽息子を連れ戻そうとやって来た貧しい青年が、激情にかられてある犯罪を思い立つ姿を甘美な調べに乗せて映し出す。本作でアラン・ドロンは鋭利な刃物のような危うい美貌と抜群の演技力を披露。映画音楽の名匠ニーノ・ロータの音楽によって際立つ、凶暴なまでの青春の狂気に惑わされる。

あらすじ

貧しい家庭に育ったアメリカ人青年トム(アラン・ドロン)は、息子のフィリップ(モーリス・ロネ)を帰国させてほしいとフィリップの父親から依頼されイタリアへと向かう。美しい恋人マルジュ(マリー・ラフォレ)も手にした富豪の息子フィリップは親の金で遊び回り、全くアメリカに戻る気はなかった。一方、彼から邪険に扱われるトムの心に、やがて小さな殺意が芽生え……。

タイトルとURLをコピーしました