洋画 洋画コメディ 洋画犯罪

Be Cool/ビー・クール

洋画

BE COOL
製作年度:(2005)
製作国:アメリカ

出演: ジョン・トラボルタ, ユマ・サーマン, ダニー・デビート, ザ・ロック, ハーベイ・カイテル
監督: F・ゲイリー・グレイ

解説

1995年に大ヒットした『ゲット・ショーティ』の続編で、音楽業界を舞台に裏社会の住人の巻き起こす騒動を描いたコメディ映画。“チリ・パーマ”役には前作で当り役となったジョン・トラボルタが再び演じ、共演は『パルプ・フィクション』で名コンビぶりを発揮したユマ・サーマンが務める。そのほか思いもよらないスターたちがカメオ出演しているので、一瞬たりとも目が離せない。

あらすじ

映画プロデューサーのチリ(ジョン・トラボルタ)は、友人の頼みで無名歌手のリンダ(クリスティーナ・ミリアン)をプロデュースするため音楽業界に足を踏み入れる。

タイトルとURLをコピーしました