洋画 洋画サスペンス 洋画ホラー 洋画犯罪

隣の家の少女

洋画

THE GIRL NEXT DOOR
製作年度:(2007)
製作国:アメリカ

出演: ブライス・オーファース, ダニエル・マンシェ, ブランシェ・ベイカー, グラント・ショウ, グレアム・パトリック・マーティン
監督: グレゴリー・M・ウィルソン

解説

実話を基にしたジャック・ケッチャムの同名の小説を映画化した、血も凍るようなスリラームービー。田舎町で少年時代を送った男が回想する、かつて隣人が無垢(むく)な少女に対して行った悪夢そのものの虐待を見せつける。かわいそうな犠牲者を演じるのは『僕たちのアナ・バナナ』のブライス・オーファース。彼女をいじめ抜く叔母を『侍女の物語』のブランチ・ベイカーが演じている。ケッチャムの残虐世界をリアルに映し出す衝撃の映像の連続に驚がくする。

あらすじ

1958年、小さな街で暮らすデイヴィッド(ダニエル・マンチ)の隣家に、ニューヨークから姉妹が越して来る。二人は家庭の事情で叔母(ブランチ・ベイカー)の所に預けられており、デイヴィッドはすぐに姉のメグ(ブライス・オーファース)と打ち解ける。だが、次第に彼はメグが叔母とその息子たちに虐待されていると気付き始め……。

タイトルとURLをコピーしました