邦画 邦画エロス 邦画ラブロマンス

花と蛇 (2003)

邦画

製作年度:(2003)
製作国:日本

出演: 杉本彩, 団鬼六, 石井隆, 野村宏伸, 石橋蓮司
監督: 石井隆

解説

SMの巨匠、団鬼六の代表作を映画化。貞淑な女性が調教され、自分の中のM開花させてゆくストーリー。レイプ、レズ、刺青、荒縄緊縛、ロウソク、放尿といった過激なプレイを杉本彩が体当たりで演じる。監督は杉本自身がリクエストした石井隆。主人公を捕獲しようとする老人を石橋蓮司が演じるほか、石井作品ではおなじみの名脇役・伊藤洋三郎がさまざまなコスチュームのピエロ男に扮し、物語のアングラ色を際立たせている。

あらすじ

実業家・遠山(野村宏伸)の妻・静子(杉本彩)は世界的なタンゴダンサー。彼女の美しさに目をつけた“昭和の巨魁”と呼ばれる老人・田代一平(石橋蓮司)は暴力団組長・森田(遠藤憲一)に彼女の捕獲を命じる。

タイトルとURLをコピーしました