洋画 洋画サスペンス 洋画ドラマ 洋画犯罪

ハンニバル・ライジング

洋画

HANNIBAL RISING
製作年度:(2007)
製作国:アメリカ/イギリス/フランス

出演: ギャスパー・ウリエル, コン・リー, リス・エヴァンス, ケビン・マクキッド, ドミニク・ウェスト
監督: ピーター・ウェーバー

解説

ベストセラー作家トマス・ハリスの生み出した“世界で最もインテリジェントなシリアルキラー”ハンニバル・レクターの過去に迫るシリーズ最新作。監督は『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー。原作者のトマス・ハリス自身が脚本を手がけ、レクター博士が“人喰いハンニバル”となるまでを描く。主人公ハンニバルを演じるのは『ロング・エンゲージメント』のギャスパー・ウリエル。シリーズの原点ともいうべき衝撃の展開に息をのむ。

あらすじ

1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で生活を始めたハンニバルだったが、逃亡兵たちがやって来て2人を監禁。そこでのある出来事を経て孤児院に送られ、成長したハンニバル(ギャスパー・ウリエル)は、やがて逃亡兵たちへの復しゅうを誓う。

タイトルとURLをコピーしました