邦画 邦画エロス 邦画コメディ 邦画ラブロマンス

ララピポ

邦画

製作年度:(2008)
製作国:日本

出演: 成宮寛貴, 村上知子(森三中), 中村ゆり, 吉村崇(平成ノブシコブシ), 皆川猿時
監督: 宮野雅之 第一回監督作品

解説

人気作家、奥田英朗の同名小説を映画化した、渋谷を舞台に負け犬たちの日常を描く群像的なエロチック・コメディー。怪しい風俗スカウトマンを演じる『さくらん』の成宮寛貴のほか、芸人である森三中の村上知子や清純派の中村ゆりがAV女優役に挑戦。監督は本作が長編デビューとなる宮野雅之。『嫌われ松子の一生』でメガホンを取った中島哲也が脚本を手掛け、ブラックな人間描写と予測不可能な展開に恐ろしさと笑いがこみあげる。

あらすじ

渋谷のセンター街で女の子に声をかけては風俗店にあっせんする栗野健治(成宮寛貴)。階下に住むモテないフリーライターの杉山(皆川猿時)は太った女・小百合(村上知子)と知り合い久々に女を抱くが、小百合は一部始終を録画してアダルトショップに売っていた。一方、デパートガールのトモコ(中村ゆり)は栗野の口車に乗せられてしまい、AVに出演させられることになり……。

タイトルとURLをコピーしました