洋画 洋画SF 洋画アクション 洋画サスペンス

ターミネーター4

洋画

TERMINATOR SALVATION
製作年度:(2009)
製作国:アメリカ

出演: クリスチャン・ベイル, サム・ワーシントンアントン・イェルチン, ムーン・ブラッドグッド
監督: マックG

解説

アーノルド・シュワルツェネッガーの代表作となった大ヒットSFアクション3部作の新生シリーズ第1弾。人類滅亡を意味する“審判の日”から10年後の2018年を舞台に、30代となったジョン・コナーが人類軍の指導者となり、機械軍の支配する世界に立ち向かう。監督は『チャーリーズ・エンジェル』のマックG。主人公ジョン・コナーを『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが演じる。ニュータイプのターミネーターと人類の戦いに注目だ。

あらすじ

“審判の日”から10年後の2018年。人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)。今や30代となった彼は、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。

タイトルとURLをコピーしました