洋画 洋画ドラマ 洋画伝記 洋画音楽

Ray/レイ

洋画

RAY
製作年度:(2004)
製作国:アメリカ

出演: ジェイミー・フォックス, ケリー・ワシントン, レジーナ・キング
監督: テイラー・ハックフォード

解説

2004年6月11日に亡くなった“ソウルの神様”と呼ばれたレイ・チャールズが音楽で成功を収めるまでの心の葛藤を真実に基づいて描いた人間ドラマ。レイを演じるのは、『コラテラル』のマックス役の演技が記憶に新しいジェイミー・フォックス。まるでレイ・チャールズが乗り移ったかのような熱演ぶりは必見。

あらすじ

17歳のレイ・チャールズ・ロビンソン(ジェイミー・フォックス)は、バスでシアトルに向かおうとしていた。黒人はバスの席が隔離されていた時代に、目の見えないレイはバスの運転手にバカにされ、暴言を吐かれる。

タイトルとURLをコピーしました