洋画 洋画アクション 洋画サスペンス 洋画ドラマ

K-19

洋画

K-19: THE WIDOWMAKER
製作年度:(2002)
製作国:アメリカ/イギリス/ドイツ

出演: ハリソン・フォード, リーアム・ニーソン, ピーター・サースガード
監督: キャスリン・ビグロー

解説

1961年、米ソ冷戦の最中、ソ連国家首脳部は原子力潜水艦K-19の処女航海の艦長にアレクセイ・ボストリコフを任命した。副艦長には経験豊富なミハイル・ポレーニンが就き艦は出航。この2人の意見はしばしば対立するが、K-19は次々にテストを成功させていった。困難なテストを乗り切り乗組員たちは束の間リラックスする。しかしその直後、新たな任務の遂行中、艦内の冷却装置のひび割れが判明する。原子炉は過熱し始め、このままでは炉心の溶融が避けられない。ボストリコフはじめ乗組員は、大惨事をくい止めるべくひとつの決断を下すのだった。

タイトルとURLをコピーしました