洋画 洋画コメディ 洋画ラブロマンス 洋画青春

(500)日のサマー

洋画

(500) DAYS OF SUMMER
製作年度:(2009)
製作国:アメリカ

出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット, ズーイー・デシャネル, ジェフリー・エアンド, マシュー・グレイ・ガブラー
監督: マーク・ウェブ

解説

運命の恋を信じる男と信じない女が繰り広げる、ちょっぴりほろ苦くてユニークな恋愛コメディー。『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットふんする男性の視点から、愛する人との異なる恋愛観に翻弄(ほんろう)される20代の男のリアルな姿をつづる。キュートな相手役には、『ハプニング』のゾーイ・デシャネル。初メガホンを取ったマーク・ウェブ監督はミュージック・ビデオ出身らしく、音楽から会話に至るまでセンスのいい演出が際立つ。

あらすじ

グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと……。

タイトルとURLをコピーしました