洋画音楽

洋画

ランナウェイズ

1975年、ロサンゼルスで暮らす15歳のジョーン(クリステン・スチュワート)の夢はロックスターになること。ロックは男のものと相場が決まっていた時代、彼女は周りから変人扱いされていた。だが、音楽プロデューサーのキム(マイケル・シャノン)との出会いがジョーンの運命を大きく変え、彼女は10代の女の子だけのバンドを結成する。
2020.10.12
洋画

ボヘミアン・ラプソディ

1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメ...
2020.09.18
洋画

グランドフィナーレ

80歳になり現役を退いたイギリス人作曲家フレッド(マイケル・ケイン)は、親友の映画監督ミック(ハーヴェイ・カイテル)と共にアルプスの高級ホテルで休暇を満喫していた。ある日、エリザベス女王の使者という男が彼を訪ね、フレッドの代表作を女王のために演奏してほしいと依頼する。ある理由からそれを断ったフレッドだったが、ホテルの滞在客との交流を通し心境に変化が起き……。
2020.09.17
洋画

N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン

ギャングスタ・ラップの草分け的存在として知られるN.W.A.の成功までの道のりと、実質的解散に至るまでの全貌、イージー・Eの波乱万丈の短い生涯を、メンバーや、元メンバーのアラビアン・プリンス、マネージャーのジェリー・ヘラー、デス・ロウ・レコードのシュグ・ナイトなど、関係者の証言とともに紐解いていく!
2020.09.08
洋画

しくじりソニアのプロポーズ大作戦

ソニア30歳。やりがいある仕事に就き充実の日々。親友は次々と結婚。だけど特に憧れはなく、彼氏のクリスは優しいが強いて言えば、微妙にズレる価値観とセックスが単調なのを除けばねって感じで。そんな時、結婚サプライズを準備するクリスを目撃したソニアは動揺を隠せるはずもなく...。
2020.09.06
洋画

奇跡のシンフォニー

孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた。
2020.09.04
洋画

ティーンスピリット

シングルマザーに育てられた移民のヴァイオレット・ヴァレンスキ(エル・ファニング)は、イギリスの片田舎のワイト島で暮らしていた。引っ込み思案で心の支えは音楽だけの彼女はある日、世界的なオーディション番組「ティーンスピリット」の出演者を決める予選がワイト島で開催されることを知る。ヴァイオレットは歌手になる夢をかなえるため、オーディションに参加する。
洋画

戦場のメロディ (2015)

朝鮮戦争が激化していた1952年。戦友と家族も亡くして深い悲しみに沈むハン・サンヨル少尉(シワン)に、最前線から釜山への転属が決まる。釜山に着くや、彼は戦争で親を失った子供たちの面倒を見る任務に就く。音楽が得意なサンヨルは、チンピラに利用されて悪事を働いていた彼らに歌を教えて児童合唱団を結成。練習を重ねるうちに、子供たちの歌声にリズムとハーモニーが生まれ、笑顔を浮かべるようになる。やがて戦地への慰問公演を行うことが決まるが、そこは命の保証な...
2020.08.12
洋画

私のちいさなピアニスト

ピアニストとして大成出来なかったキム・ジス(オム・ジョンファ)は、ソウル郊外のアパートの一室でピアノ教室を開く。ある日彼女は近所に住む7歳の問題児キョンミン(シン・ウィジェ)が、“絶対音感”を持つ天才だと気付く。ジスは彼をピアノコンクールで優勝させ、自らもその教師として名声を得ようと彼の猛特訓を始める。
2020.08.10
洋画

パイレーツ・ロック

素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)のいる船に乗船。その船は、アメリカ出身のザ・カウント(フィリップ・シーモア・ホフマン)ら、クールなDJたちがロックの取締りをもくろむ政府の目を盗み、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局だった。
2020.08.09
洋画

ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル映画のスターだったジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)は、遅刻や無断欠勤を重ねた結果、映画のオファーがなくなる。借金が増え続け、巡業ショーで生計を立てる毎日を送っていた彼女は、1968年、子供たちと幸せに暮らすためにイギリスのロンドン公演に全てを懸ける思いで挑む。
タイトルとURLをコピーしました