洋画アート

洋画

ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー

辛口評論家、冷酷な画商、野心家の助手。急逝した無名画家が遺した絵画を利用して自己の利益を得ようと目論むすべての人間に、悲劇的な結末が待っていた...。
洋画

ラ・ジュテ

「ベトナムから遠く離れて」など、主に記録映画を活動の場としヌーヴェル・ヴァーグの中でも特異な位置を占める作家C・マルケルが全編スチール・カットで撮った中編SF映画の佳作。人類が絶滅した未来からその原因となった出来事を探るため過去にタイムトラベルした男は一人の女性と知り合う。何故か見覚えのあるその女性と行動を共にするうち、彼は幼いころ飛行場で彼女を見たことを思い出す。二人はやがて全ての出来事の根源となる飛行場へとたどり着くのだが……。
2019.06.11
洋画

デヴィッド・リンチ:アートライフ

個性的な作品を世に送り続け、世界的に有名なデヴィッド・リンチ監督。家族と共に小さな町で暮らしていた幼少期。自身の才能を持て余していた学生時代。後に『マルホランド・ドライブ』の美術監督となる親友ジャック・フィスクとの出会い。紆余(うよ)曲折を経た後の、長編デビュー作『イレイザーヘッド』の公開。その詳細が、リンチ監督自身の口から語られる。
2019.05.12
洋画

英国式庭園殺人事件

82年発表のグリーナウェイ長編劇映画第1作。名誉革命後、1694年の夏、英国南部のウィルトシャー。才能豊かだが傲慢さでも評判の画家ネヴィルが、コンプトン・アンスティのハーバート家の夜宴に招かれる。そこでハーバート夫人はネヴィルを別室に招じ入れ、ノイズ氏を立会人にして、夫が旅行から戻るまでに屋敷の画を12点描いてくれるように依頼し、契約を結ぶ。どこを描くかは自分が決めるという夫人。彼女は、1点につき8ポンドという高額の報酬を約束し、そして彼が望むがま...
洋画

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界

『エイリアン』の造形で、第52回アカデミー賞視覚効果賞を受賞し、数々のアーティストのアルバムジャケットのビジュアルを担当した画家・デザイナーのH・R・ギーガー。個性豊かな作品が誕生した自宅やアトリエに潜入するほか、父親にもらった頭蓋骨や博物館で感じたミイラの恐怖、3人の女性との出会い、さらには『エイリアン』誕生の逸話などが紹介される。
洋画

ル・コルビュジエの家

椅子のデザインで世界的な成功をおさめたレオナルド(ラファエル・スプレゲルブルド)は、近代建築の巨匠として有名なル・コルビュジエが設計した南米唯一の邸宅に、妻子と共に生活していた。ある朝大きな音で目覚めた彼は、隣家の住人ビクトル(ダニエル・アラオス)がレオナルド宅に向けて窓を作るべく、ハンマーで壁に穴を開けていることを知るが……。
2017.08.31
洋画

バッフィ/ザ・バンパイア・キラー

カリフォルニアのハイスクールでチア・リーダーとして活躍するバッフィは、オシャレやボーイフレンドの事で頭がいっぱいのごく普通の女の子。ところがある日突然、奇妙な男メリックが現れてバンパイア(=ドラキュラ)退治の使命を告げられる。その頃、街では急激にバンパイアが増え始めていた。バンパイアの王ロトスが1200年の眠りから覚め、暗黒の世界から蘇ったのだ。メリックの特訓を受け、格闘技をマスターするバッフィ。ダンス・パーティーの夜、会場がバンパイアの大...
洋画

レンブラントの夜警

1641年、オランダのアムステルダムで35歳のレンブラント(マーティン・フリーマン)は、画家としての成功と大いなる富を手にしていた。妻(エヴァ・バーシッスル)は無事男の子を出産し、彼の人生は順調に進むかに見えた。だが、アムステルダム市警団から集団肖像画を依頼され、渋々その仕事を引き受けたことで彼の運命は大きく変化する。
洋画

気狂いピエロ

ジャン=リュック・ゴダールの描く、「勝手にしやがれ」と並ぶヌーヴェル・ヴァーグの代表的作品。映画的文法に基づいたストーリーというものはなく、既成の様々な映画の要素を混ぜ合わせ、光・色・音等を交差させて、引用で組み立てられた作品。「勝手にしやがれ」のジャン=ポール・ベルモンドを主演にして、ただただ破滅へと向かってゆく主人公の姿を描く。
洋画

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像

今世紀最大の画家と謳われる、フランシス・ベイコンの生涯を映画化。60年代から70年代のロンドンを舞台に、モデルであり恋人のジョージ・ダイアーとの関係を軸として、異色の画家の内なる悪魔を描き出す。デヴィッド・リンチなどが影響を受けたと言われる、ベイコン独特の歪んだ絵画的スタイルが見もの。音楽に坂本龍一が参加。1971年、パリのグラン・パレでベイコンの大回願展が開催。そこには“現在生存する最も偉大な画家”と褒め称えられ、喝采を浴びるフランシス・ベイ...
2016.09.17
洋画

テオレマ

ある工場経営者の家に「明日着く」という電報が舞い込む。翌日一人の男が一家 の前に姿を現わす。家族は何の迷いもなくその男を受け入れ、その男との共同生 活が始まる。気が付くと家族の者全員が男に魅了されている。皆、男の側に近づこうとする。 そんな時、突然再び電報が着き、男は家族の前から立ち去る。残された家族は奇妙な行動を取り始める。娘のオデッタは全身硬直してしまい、 病院に担ぎ込まれる。長男のピエトロは抽象画に没頭。女中のエミーリアは実家 に戻り、...
タイトルとURLをコピーしました