邦画ヤクザ

邦画

あにき 第二章

「ごくせん」シリーズでコンビを組んだ金子賢、内山信二共演の任侠アクション第2弾。老舗商店街に地上げの話が持ち上がり、裏で手を引く者たちによって過激な嫌がらせが繰り返される。人情を重んじる豊島一家・椿組の若頭・ヤスが立ち上がるが…。
2020.04.10
邦画

極道の妻たち II

前年公開されヒットを記録した「極道の妻(おんな)たち」のシリーズ第二弾。主演を岩下志麻から十朱幸代に変更し、監督も五社英雄から土橋亨にバトンタッチした。前作から連続出演となるかたせ梨乃が、文字通り体当たりの演技を見せる。 まともに組長としての務めを果たせない孝明に代わり、妻の遊紀が重宗組を取り仕切っていた。関西新国際空港の建設予定地が、敵対する河東組により地上げされてしまう。孝明は痴情のもつれから女に撃たれ入院。重宗組は磐城組から家と土...
2020.04.09
邦画

制覇7

難波組新道会若頭・武田信八(小沢仁志)は勇進会々長・鶴田(松田優)の裏切り行為を問い詰め、自白させる。その代償として難攻不落の浜松・天竜一家の吸収を難波組若頭椎名組々長・椎名(下元史朗から)命じられる。単身天竜一家の事務所のある浜松へ向かう鶴田だったが、天竜一家総長・八代(高岡健二)に門前払いを受ける。天竜一家の組員たちは喧嘩を仕掛けられたと思い、鶴田を襲い、誘拐を企てる。難波組は一家総出で、天竜一家を潰しに掛かろうとするのだが、その波...
2020.04.09
邦画

我王伝 最終章

二代目神代組・相談役の渡辺(小沢仁志)が撃たれ、中宮組との抗争の裏で手を回しているものがいるのではないかと推測する追田銀次(原田龍二)は、渡辺を狙った人間を探すよう組全体に命令する。一方、龍侠会の石田(川本淳市)は大村(波岡一喜)に近づき、若頭の吉川(松田一三)への不満を利用して、神代組を乗っ取ろうと画策していた。ある日、銀次がいつもの場所で飲んでいると、中宮組の組長・中宮(川原英之)が現れた―。
邦画

白竜 白竜暗殺計画

「漫画ゴラクネクスター」で連載中の人気劇画を、白竜主演で実写化した第7弾。渋谷で頂点を極めた黒須組組長代行・白川竜也は、他の都市への勢力拡大を開始。そんな中、白川の命を狙う銀星会の平林が3人の鉄砲玉を放ち、老侠の弾丸が白川の胸を貫く。
2020.04.07
邦画

極道の紋章 第十六章

関西侠友会が、いま一つに・・・!大ヒットシリーズ、怒涛の第十六章!!関西共友会の結成にこぎつけた三代目川谷組若頭・津浪(白竜)。その初代会長の座は、三代目川谷組組長・前崎(松田一三)と、二代目沖田連合総長・風間(桑名正博)との一騎打ちと見られていた。しかし、その流れを面白く思わない京都の門倉組組長や、滋賀の峰岸組組長らは、自らの利権を勝ち取るため、票の切り崩しに動き出す。そんな内部の統制の乱れを嗅ぎ取った、関東睦会の桐生(小沢仁志)たち...
2020.04.07
邦画

静かなるドン 新章 頂上決戦!!鮮血の大阪抗争編

新田たつおの人気コミックを袴田吉彦主演で実写化。女性用ランジェリーメーカー・プリティで働く近藤静也は、関東最大の暴力団・新鮮組の総長というもうひとつの顔を持っていた。そんな彼の前に、大阪の鬼州組四代目組長・坂本が現れ…。
2020.04.07
邦画

YOKOHAMA BLACK4

神奈川相模睦連合は、関東仁道会の謀略を発端にトップ3を失う緊急事態となった。特別高等粛清班である黒剣一家は小虎が収監され、さらには鳩村の死という危機的状況の中、熊田(江藤純)と鷹野(黒石高大)を仲間に加え、仁道会の組長暗殺に成功。その結果仁道会は、若頭の牛尾(武蔵拳)がトップに君臨することとなる。真の裏切者が次第に明るみになっていく中、龍司(的場浩司)にも暗殺の影が忍び寄る……果たして、相模睦連合と仁道会の抗争、その結末は……!?
2020.04.06
邦画

双頭の龍

無秩序と化した新宿――。花幸一家組員・武田龍心(大沢樹生)と若頭補佐・鶴見大介(川本淳市)は、一家の会長と若頭を殺し、二人で筋もヘッタクレもなく他所のシマを荒らしている。カジノを荒らされた黒姫一家若頭・穂積組々長・穂積(長原成樹)は武田と鶴見に報復しようと動いたが、黒姫一家若頭補佐・堂龍会々長・堂島龍太郎(本宮泰風)が喧嘩のケツを持つことで事なきを得た。そして堂島は二人に興味を持ち、武田と鶴見に盃を呑ませ、二人を組員として招き入れた。時...
2020.04.05
邦画

新仁義なき戦い/謀殺

西日本最大の暴力団・佐橋組の傘下、大阪・尾田組の幹部、頭脳派の矢萩と武闘派の藤巻は、対照的な生き方ながら親友同士で兄弟分でもあった。本家の佐橋は組の若返りの為、2人のどちらかを尾田組組長に昇格させようと考えていた。だが、現組長の尾田は今の地位に固執し、2人を牽制して3番手の幹部を次期組長に指名。怒り心頭の藤巻は巨大利権を求めて名古屋に進出、地元の竜紋会と抗争を始める。事態の悪化を懸念する矢萩は不本意ながら藤巻の暴走を抑えに掛かる。これをきっ...
2020.04.05
邦画

実録 九州やくざ抗争 誠への道

誰も成し得てない九州制覇を目標に、様々な組織が群雄割拠していた昭和40年代半ば。極道としての器量に恵まれた浪岡政治は愚連隊たちとの喧嘩が縁で、村富浩一郎率いる後の村富一家の世話になることに。順風満帆に見えた村富一家であったが、浩一郎の体調に異変が現れてから対立する大場一家との抗争が激化し始める……。
2020.04.04
タイトルとURLをコピーしました