邦画ヤクザ

邦画

組長への道 餓鬼極道

普通の営業マン・清田明信(中村龍介)は営業成績も振るわず、消費者金融から多額の借金もあった。暴走族の総長をやっていた昔とは違い現実社会での厳しさと不条理を感じていた。ある日、クラブで取引先の接待をしていた清田はカッとなり、取引先の客を殴ってしまう。そのクラブは高校時代の同級生・細川健司(生島翔)がケツもちをしているクラブだった。暴れる清田を灰皿で殴る健司。清田は目覚めると健司の事務所にいた。健司は清田を自分の組に誘い人生の一発逆転を狙お...
邦画

実録マフィアンヤクザ IV ABOVE THE BYLAW

優良企業を営む波賀の甥・秀人が西田会の若衆になったことで、波賀と西田会とが繋がっているという噂が広まる。孤立化した波賀は悩んだ末、ヤクザともマフィアとも分からぬ得体のしれぬ裏社会の顔役・速見に相談する。同じ頃、警察を退職した峰尾が波賀の会社に執拗に顧問契約を迫ってきた。
邦画

首領への道8

かつては兄弟分として杯を飲み分けた桜井鉄太郎と金沢慎市。どこでどう間違えたのか……極道渡世のしがらみを背負った兄弟相克の嵐の中で、引くに引けない桜井と金沢の、おとこの意地と侠気が、火花を散らして激しくぶつかりあう!!
2020.07.04
邦画

極道の妻たち 地獄の道づれ

五千人もの組員を率いる山背組組長代行、掛川は全国的連合組織の結成を企む兄弟の画策に嵌められ投獄の身となりその妻、律子が掛川の留守を預かっていた。しかし兄弟の不信な動きの中、律子が妹同然に可愛がっていた美智留の夫で若頭補佐、池内が殺害されてしまう。夫を殺したのは同じ組の若頭補佐、千田とその妻、槙子だと疑い荒れる美智留。そんな中、掛川を除名する動きを察知した律子は千台組長霊代、リュウに夫の名代を申し出るのだった……。
2020.07.03
邦画

新・第三の極道VII 劇場版

坂東組のシマ内にある米軍基地からシャブと武器が流出した。それは坂東組のシマを狙う剣勇会の陰謀によるものだった。陰謀を阻止しようとする武侠会二代目・正木礼二郎(中条きよし)に対し、剣勇会は若頭・竹之内を差し向ける。
2020.07.03
邦画

日本統一20

侠和会・若頭補佐の氷室(本宮泰風)は、侠和会・幹部・田村(山口祥行)らと、侠和会・会長・工藤(白竜)暗殺計画の首謀者、西日本睦会・会長・福本を仕留めるべく、会合の場所を突き止める。そこに忍び込み福本暗殺を企てようとする氷室たちだったが、西日本睦会傘下の野城組組長・野城が氷室たちに協力すると見せかけて、侠和会・工藤組に情報を流す。工藤組・若頭補佐・財前は福本暗殺に乗じて、氷室を狙うのだが……。一方、侠和会・若頭・川谷は工藤から衝撃一言を告...
2020.07.03
邦画

制覇19

仲本組・若頭・小田英二(高杉亘)がついに熊本の刑務所から出所した。それを耳にした六代目難波組若頭・武田信八(小沢仁志)は小田の動向を調べさせ、小田が松山の伊予組へ向かうことを掴んだ。一足先に伊予組で待ち構えていた武田は、小田へ九州侵攻への足掛かりになってもらおうとしていたが、小田はそれを断った。小田は単身・玄海一家へ出向き挨拶に行くのだが、案の定トシエ(吉行由実)と対立し玄海一家と仲本組は冷戦状態となった。武田は別案件から九州侵攻を進めていく...
邦画

除籍 血濡れの怪文書

一家のために20年の刑期を務め娑婆に出てきた毛利(今井雅之)。一家は甲斐性の無い四代目が受け継ぎ、実力者だった子分たちの居場所はなくなっていた。そんなある日、四代目とその取巻きに対する匿名の抗議文が組の中に出回る。この怪文書によって内部抗争が勃発するのだった……。
2020.07.02
邦画

実録 九州やくざ抗争史 小倉戦争

山浪組系合龍会・上野総長宅に単身乗り込んだ江藤会田中組幹部の永田正人(松田優)は、熊本刑務所に収監されることに。そこではさまざまな懲りない男たちが、永田を待ち構えていた。塀の中で過ごす長い時間、壮絶な抗争や、数々の侠たちとの出逢いに想いをふける永田であったが―――仁義なき修羅の生き様に迫る、鮮烈なる抗争史待望の第一章!!
2020.07.01
邦画

首領への道 劇場版 第二部

島田組ニ代目・佐久間の舎弟たちは、白虎会の越智を舎弟にした若頭の桜井に対し、反感を強めていった。そして佐久間の病死を期に、島田組内部分裂の危機が訪れようとしていた。島田組舎弟頭・梶原は、桜井・越智を排除すべく行動に出る。かくして島田組の跡目争いは、三田村組、松岡連合をも巻き込んだ一大抗争へと発展していく。
2020.06.30
邦画

任侠哀歌(エレジー)2

黒崎剣(波岡一喜)は父親を貴龍会に殺されて復讐に燃えいていた。貴龍会では黒崎の告白で三木谷の策略が公になり、絶縁となった。黒崎は貴龍会を分裂させる為、まず川島(藤原喜明)を暗殺した。三木谷は川島暗殺が佐川(本宮泰風)の仕業だと勘違いし、貴龍会から隠れ佐川のタマを狙っていた。しかし、佐川は黒崎の策略を見破り、逆に三木谷を利用して黒崎暗殺を企んだ。黒崎は次の一手を打とうと計画していた矢先、隠れ家に一人の男がやって来た。それは5年前に黒崎が罪を...
2020.06.29
タイトルとURLをコピーしました