邦画戦争

邦画

武装戦線 ~政府軍VS革命軍~

OV界の重鎮・小沢仁志と『戦国自衛隊1549』の北村一輝共演による戦争アクション。伝説の傭兵“リヴァイアサン”の取材を請け負ったフリーライターの平川は、戦火のフィリピン・ミンダナオ島へ飛ぶ。しかし、ミンダナオ島の内紛は想像を絶するものだった。
2020.04.06
邦画

太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-

1944年、太平洋戦争末期。サイパンに、アメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、恐れられた一人の日本人、大場栄大尉(竹野内豊)がいた。大場は47人になりながらも仲間の兵士たちと共に16か月間敵に立ち向かい、多くの民間人を守ってきた。やがて彼の誇り高き魂は日本人だけでなく、アメリカ人の心も動かしていく。
2020.03.14
邦画

海辺の生と死

太平洋戦争の終わりも近い1945年。奄美群島の加計呂麻島の小さな集落に海軍の特攻艇部隊を率いる朔隊長が赴任してくる。島の子供たちに慕われ仲間と酒を飲むより地元に溶け込もうとする朔に、国民学校教師のトエ(満島ひかり)はいつしか惹(ひ)かれていく。やがて、出撃命令を待つ朔とトエは互いの思いを確かめ合い、明日をも知れぬ中で激しい恋に落ちる。
2020.01.30
邦画

キャタピラー

傷痍軍人が、帰還した。勲章をぶら下げ、軍神となって。妻を殴ったその手も、妻を蹴り上げたその足も、戦地で失い、頭と胴体だけの姿になって。― 銃後の妻の鑑たれ。家庭は最後の決戦場なり。口もきけず、耳も聞こえず、身動きのできない体となっても男の性欲は変らなかった。女は毎日、男の上にまた がった。口に粥を流し込み、糞尿の世話をし、男の下半身にまたがり、銃後の妻の日々は過ぎてゆく。食べて、寝て、食べて、寝て、食べて、寝て・・・。稲穂 が頭を垂れる秋、...
2020.01.21
邦画

男たちの大和/YAMATO

2005年4月、真貴子(鈴木京香)は鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。
2019.10.15
邦画

戦場のメリークリスマス

第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状態におかれた男たちの心の交流を描いた人間ドラマ。「愛のコリーダ」の大島渚監督が、デヴィッド・ボウイ、ビートたけし、坂本龍一といった異色のキャストで撮り上げた話題作。1942年。ジャワ山中の日本軍捕虜収容所。そこには単純で粗暴な軍曹ハラと日本語が流暢な英国軍中佐ロレンス、そして収容所長のヨイノ大尉がいた。そこへある日、英国軍少佐セリアズが連れてこられた……。
2019.08.16
邦画

花の特攻隊 あゝ戦友よ

昭和十八年。戦局はすでに日本の不利に展開し始めていた。学徒動員で、軍需工場で働く浜村真吉(杉良太郎)は、次々と志願していく友人達を見てじっとしてはいられなかった。父の戦死の報をうけた真吉は、母や恋人の三保(和泉雅子)を残し、学友の田川(三ツ木清隆)や内藤(藤竜也)とともに土浦の海軍航空隊に志願した。土浦での規律と訓練は苛烈だった。田川や内藤と励ましあいながら頑張る真吉だが、中には脱走したり女と心中する落伍者もいた。戦局は敗戦の色濃く、各都市は空...
2019.08.15
邦画

出撃

大空に散華した若き魂とその激情を、熱涙をもって描く青春巨編である
2019.08.14
邦画

WINDS OF GOD ウィンズ・オブ・ゴッド

現代に暮らす売れない漫才師コンビが交通事故のショックで第二次大戦中にタイムスリップ、神風特攻隊の隊員となった二人は、やがてそれぞれ別の道を歩むことに……。絶賛された舞台劇を、舞台演出を手掛けた奈良橋陽子監督により映画化。
2019.08.14
邦画

日輪の遺産

昭和20年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)は、軍トップに呼集され、ある重大な密命を下された。それは現在の価値で約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというもので、真柴は極秘任務を遂行するが、やがて任務の終わりが見えたころ、勤労動員として駆り出された20名の少女たちに非情極まる命令が出され……。
2019.08.13
邦画

沖縄の民

凄絶な砲火を浴びながら敢然と闘った沖縄の人々の姿をセミ・ドキュメンタリーに描く世紀の悲壮大作。
2019.08.13
タイトルとURLをコピーしました