邦画ラブロマンス

邦画

L・DK

直情型な性格で、ことあるごとに暴走してしまう女子高生の西森葵(剛力彩芽)。そんな中、ある騒動を引き起こしてしまったのがきっかけで、学校で一番のツンデレにしてモテ男である久我山柊聖(山崎賢人)と生活を共にすることに。彼と同居していることが知られれば、校内の女子たちから敵視され、退学させられる可能性もあるとして、その秘密を懸命に守ろうとする葵。だが、柊聖は右往左往する彼女の姿を楽しみ、何かとちょっかいを出す。そんな柊聖に振り回されながら、葵...
2020.10.28
邦画

無伴奏

学生運動の嵐が日本中を席巻していた1969年、仙台に暮らす女子高生の響子(成海璃子)は時代に流されるように学園紛争にのめり込んでいた。ある日、友人に連れられクラシック音楽が店内に響く喫茶店「無伴奏」を訪れた彼女は、そこで出会った大学生の渉(池松壮亮)に興味を持つ。その後、学生運動から離れた響子は偶然入った無伴奏で渉と再会し、次第に彼のことを好きになっていき……。
2020.10.28
邦画

ゆめのかよいじ

夏休み明け、父親を亡くした孤独な少女・宮沢真理(石橋杏奈)は、東京から新潟の山間部の高校に転校してくる。昔ながらの木造校舎や雄大な自然に癒やされた彼女はある日、数十年にわたり木造校舎をさまよう少女の精霊・岡部梨絵(竹富聖花)と出会う。真理と梨絵の奇妙な交流が続いていく中、真理のクラスメート中島(白石隼也)は、真理の不思議な行動に不安を覚える。
2020.10.23
邦画

LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ

学生生活を謳歌(おうか)する18歳のいちこ(吉井怜)は、ある日、聡明な女性エリー(今宿麻美)と恋に落ちる。彼女は母亡き後、男手ひとつで自分を育ててくれた翻訳家の父(石田衣良)に恋人を引き合わせることを決意。父は娘の恋人が女性であることを理解してくれたが、その後、実は自分はゲイで母はレズビアンだったと衝撃の告白をする。
2020.10.23
邦画

そこのみにて光輝く

ある出来事がきっかけに仕事を辞め、目的もなく毎日を過ごしていた佐藤達夫(綾野剛)は、ある日パチンコ屋で使い捨てライターをあげたことをきっかけに、粗暴だが人なつこい青年・大城拓児(菅田将暉)と知り合う。拓児に誘われるままについていくと、そこは取り残されたように存在している一軒のバラックだった。そこで達夫は拓児の姉・千夏(池脇千鶴)と出会う。互いに心惹かれ、二人は距離を縮めていくが、千夏は家族を支えるため、達夫の想像以上に過酷な日常を生きていた。...
2020.10.22
邦画

トーキョー×エロティカ

1995年、ケンヂは街に散布された毒ガスで、この世を去った。1997年、その恋人ハルカは、死神を名乗るサンドイッチマンにラブホテルで惨殺される。そして2002年、死んだケンヂとハルカは再び出会い、新しい物語が始まる……。
2020.10.22
邦画

高校デビュー

高校入学を機に、恋をしようと決めたスポーツ少女の長嶋晴菜(大野いと)。だが、一向に男子にモテる気配はない。そこで、学校一モテる先輩の小宮山ヨウ(溝端淳平)に恋のコーチを依頼。ヨウのことを好きにならないという条件付きで“モテコーチ”になってもらったものの、晴菜は次第にヨウに惹(ひ)かれていってしまう。
2020.10.21
邦画

たまもの

恋愛下手な女性が魅せる官能と感動の物語ボウリング場で働く35歳の愛子は、ひょんなことから郵便局員の良夫と出会い、恋におちる。しかし献身的すぎる愛子にうんざりし始めた良夫は別れを切り出し・・・。
2020.10.21
邦画

映画版 ふたりエッチ ラブ・フォーエバー

結婚して1年以上経過した真(岡田光)と優良(森下悠里)。真の性欲はとどまることを知らず、毎晩のように優良と体を重ねるが、真は絶頂を迎えることができない。真が会社の同僚に打ち明けたところ、一夜限りの夜遊びを求めて男だけでスキーに行くことに。その後旅行に優良も同行することになり、優良がスキー場の温泉につかっていると、目の前にミステリアスな女性(秋山莉奈)が現われ……。
2020.10.19
邦画

靴屋と彼女のセオリー

靴屋の店長・ヨシヒロは客として訪れた絶世の美女・彩(さとう珠緒)に一目惚れし、彼女の為にあれこれと接客するが、そのうちに彩が抱える問題が発覚し、ヨシヒロはその問題解決に翻弄されていく。その彼女の問題とは……?
邦画

行きずりの街

塾講師の波多野(仲村トオル)は、失踪(しっそう)した塾の教え子・広瀬ゆかりを捜すため、再び東京へ。失踪(しっそう)事件の背後に12年前自分を都内の名門女子高から追放した男たちがいることを知り、かつての学園関係者が出入りしていた六本木のバーを訪れる。が、そのバーを経営する女性は波多野の生徒で別れた妻・雅子(小西真奈美)だった。
2020.10.12
タイトルとURLをコピーしました