アニメ文芸

アニメ

銀河鉄道の夜

宮沢賢治の同名小説をますむらひろしがマンガ化し、それを原作として映画を制作したファンタジー。登場人物のほとんどが猫の姿で描かれている。監督は杉井ギサブロー。音楽を元YMOの細野晴臣が手掛けた。まだ小さいジョバンニは苦しい家計を助けるために、学校が終わってから町の印刷所で働いている。遠洋漁業に出ている父が帰らないこともあり、クラスの友だちからいじめられたりもしている。星祭りの夜、ジョバンニは届かなかった牛乳をもらうため、町はずれの牧場へ行き、...
2017.05.07
アニメ

セロ彈きのゴーシュ

宮澤賢治の同名小説を、「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲監督が独自の解釈で映像化。少人数のスタッフが、5年もの歳月をかけて完成させた、大藤賞受賞作品。金星音楽団のセロ弾き・ゴーシュは、上手にセロを演奏することができず、楽長にしかられてばかり。楽団仲間との交流もうまくこなせず、ゴーシュはますます頑なになっていく。毎晩、町はずれの水車小屋で遅くまでベートーベンの楽曲を練習し続けるゴーシュ。そんな彼を、ある夜、ネコが訪ねてくる。ネコは...
2016.12.06
アニメ

ノートルダムの鐘

15世紀末のパリを舞台に、醜い鐘突き男カジモドと美しいジプシーの踊り子エスメラルダの優しい心を描いた、ディズニー得意のミュージカル・アニメ。醜いカジモドは彼を引き取った最高裁判事のフロローによって、ノートルダム大聖堂の鐘楼に閉じ込められて暮らしていた。だがある日、彼は下界での祭りに我慢できなくなり、抜け出し、美しいエスメラルダに出会った。彼は彼女によって舞台に上げられ、道化の王に選ばれてしまう……。
アニメ

走れメロス

紀元前360年のシシリー島シラクサの町。国王のディオニシウス2世は、ちょっとした事でも犯罪者を処刑する暴君。羊飼いのメロスは、妹の結婚式に使う儀式用の剣を買うためにこの町にやって来て、宮廷に入り込んでしまう。不審な侵入者として捕われたメロスは、3日後に処刑されることいなる。「妹の結婚式のために村に帰してほしい。必ずここに戻って来る」と嘆願するメロスに、国王は「身代わりに立つものがいれば……」と言う。そして、石工のセリヌンティウスが身代わりを買...
タイトルとURLをコピーしました