洋画 洋画エロス 洋画ドラマ

セクシャリティー

洋画

OCTAVIO IS DEAD
製作年度:(2018)
製作国:カナダ

出演: サラ・ガドン, ラオール・トゥルヒージョ, ロザンナ・アークエット
監督: スックイン・リー

解説

『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』などのサラ・ガドンを主演に迎えたドラマ。亡くなった父の軌跡をたどる過程でヒロインが体験する不思議な出来事や性体験を描く。母親を『マドンナのスーザンを探して』などのロザンナ・アークエット、父親を『アポカリプト』などのラオール・トゥルヒージョが演じる。監督はスックイン・リーが務め、脚本と音楽も担当した。

あらすじ

タイラー(サラ・ガドン)は解雇を言い渡された当日に、父(ラオール・トゥルヒージョ)が他界したことを知る。生後間もない自分と、母親(ロザンナ・アークエット)を残して家を出た父のせいで、母は精神的に不安定になり、タイラーはじっと耐え続けてきた。だが父のことをきちんと知っておこうと、彼女は母の反対を尻目に、父が生前住んでいた家に向かう。

タイトルとURLをコピーしました