邦画 邦画アクション

爆裂魔神少女 バーストマシンガール

邦画

製作年度:(2019)
製作国:日本

出演: 搗宮姫奈, 花影香音, 坂口拓
監督: 小林勇貴

解説

2008年に公開された『片腕マシンガール』をリブートしたアクション。スラム街を舞台に、マシンガンの義手を着けた姉妹が臓器売買組織と戦う。メガホンを取るのは『全員死刑』などの小林勇貴。『レッド・ブレイド』で共演した搗宮姫奈、花影香音、坂口拓、『映画 としまえん』などの北原里英をはじめ、根岸季衣、佐々木心音、矢部太郎、住川龍珠、石川雄也らが出演する。

あらすじ

貧しい住民たちが臓器売買組織ダルマ屋に肉体の部位を売りながら食いつなぐイシナリ地区で、幼少時から親に体を切り売りさせられていたアミ(搗宮姫奈)とヨシエ(花影香音)は、見世物小屋の舞台でアイドルとして活動していた。だがその裏でヨシエは、失った片腕に装着できるマシンガンで、自分や貧しい者を食いものにするダルマ屋の首領・青山ダルマ(根岸季衣)を倒そうとしていた。手始めにダルマの息子を襲うが、彼女が差し向けた改造人間兵器ドリルブラシスターズに捕まってしまう。

タイトルとURLをコピーしました