洋画 洋画ドラマ 洋画青春 洋画音楽

ティーンスピリット

洋画

TEEN SPIRIT
製作年度:(2018)
製作国:アメリカ

出演: エル・ファニング, レベッカ・ホール, ズラッコ・ブリッチ
監督: マックス・ミンゲラ

解説

『ネオン・デーモン』などのエル・ファニングを主演に迎えた青春音楽ドラマ。歌手のオーディションに挑戦する少女の未来が描かれる。ケイティ・ペリーやアリアナ・グランデらの楽曲を、『ラ・ラ・ランド』の音楽スタッフがアレンジ。『アレクサンドリア』などの俳優マックス・ミンゲラが監督を務める。共演は『それでも恋するバルセロナ』などのレベッカ・ホールら。

あらすじ

シングルマザーに育てられた移民のヴァイオレット・ヴァレンスキ(エル・ファニング)は、イギリスの片田舎のワイト島で暮らしていた。引っ込み思案で心の支えは音楽だけの彼女はある日、世界的なオーディション番組「ティーンスピリット」の出演者を決める予選がワイト島で開催されることを知る。ヴァイオレットは歌手になる夢をかなえるため、オーディションに参加する。

タイトルとURLをコピーしました