洋画 洋画アート 洋画ドラマ 洋画伝記

永遠の門 ゴッホの見た未来

洋画

AT ETERNITY’S GATE
製作年度:(2018)
製作国:イギリス / フランス / アメリカ

出演: ウィレム・デフォー, ルパート・フレンド, マッツ・ミケルセン
監督: ジュリアン・シュナーベル

解説

『潜水服は蝶の夢を見る』などのジュリアン・シュナーベル監督が、画家フィンセント・ファン・ゴッホの人生を描く伝記ドラマ。ゴッホを『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などのウィレム・デフォーが演じ、第75回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞。『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』などのオスカー・アイザックのほか、『偽りなき者』などのマッツ・ミケルセン、監督としても活動しているマチュー・アマルリックらが共演する。

あらすじ

人付き合いができないフィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は、いつも孤独だった。唯一才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの行動により破たんしてしまう。しかし、ゴッホは絵を描き続け、後に名画といわれる数々の作品を残す。

タイトルとURLをコピーしました