洋画 洋画サスペンス 洋画ホラー

サマー・オブ・84

洋画

SUMMER OF 84
製作年度:(2017)
製作国:カナダ

出演: ジュダ・ルイス, グラハム・バーチャー, コリー・グルーター=アンドリュー, カレブ・エメリー, ティエラ・スコビー
監督: RKSS

解説

『E.T.』『スタンド・バイ・ミー』などが公開された1980年代にオマージュをささげた青春ドラマ。近隣で起きた連続殺人事件の犯人を突き止めようとする少年たちを描く。 RKSSというユニット名でさまざまな短編を撮り、『ターボキッド』の監督を務めたフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセルがメガホンを取る。グラハム・バーシャー、ジュダ・ルイスらが出演した。

あらすじ

1984年夏、15歳の少年デイビー(グラハム・バーシャー)は、オレゴン州の小さな町で暮らしていた。その近くで、子供たちばかり狙われる連続殺人事件が起き、デイビーは向かいに住む警察官マッキーが犯人ではないかと疑う。デイビーは親友のイーツ、ウッディ、ファラディと一緒に捜査を始める。

タイトルとURLをコピーしました