洋画 洋画アクション 洋画戦争

バンデラス ウクライナの英雄

洋画

POZIVNIY «BANDERAS»
CALL SIGN BANDERAS
製作年度:(2018)
製作国:ウクライナ

出演: オレグ・シュルガ, ユリア・チェプルコ, オレフ・ヴォロシェンコ
監督: ザザ・ブアヅェ

解説

2014年9月、ウクライナ東部のドネツク州。政府軍と親ロシアの分離派勢力による衝突が激化するヴェセレ村で、乗り合いバスが何者かに襲撃され多くの住民が死亡した。世間ではこの襲撃は政府軍の仕業と見る中、首謀者は村近くに駐屯する政府軍部隊に潜入しているとされるロシア人活動家ホドックと断定した軍上層部は、同村出身のアントン率いる特殊部隊を現場へ派遣した。ホドックの目的は、次の休戦会議を混乱に陥れること。そんな状況下で、空挺隊員がナイフで心臓を刺され死亡しているのが見つかり、ホドックが行動を開始したと確信したアントンたち。しかし追い打ちかけるように情勢は悪化の一途を辿り、更なる危機が住民に迫っていた…。

タイトルとURLをコピーしました