洋画 洋画アクション 洋画サスペンス 洋画犯罪

サイバー・ミッション

洋画

解碼遊戯
REBORN
製作年度:(2018)
製作国:中国 / 香港

出演: ハンギョン, リディアン・ヴォーン, リー・ユエン, 山下智久
監督: リー・ハイロン

解説

『コード・ブルー』シリーズなどの山下智久が出演したサスペンスアクション。巨大な陰謀を阻止するため、組織に潜入したハッキングを得意とするプログラマーの姿を活写する。元アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のハンギョン、『九月に降る風』などのリディアン・ヴォーン、『修羅:黒衣の反逆』などのリー・ユアンらが出演。リー・ハイロンがメガホンを取り、『ボーン・アイデンティティー』などに携ったニコラス・パウエルがアクション監督を務める。

あらすじ

プログラマーのハオミン(ハンギョン)は、過去にハッキング対決で破ったゼブラ(リディアン・ヴォーン)が闇の仕事に手を出していると香港警察から聞かされる。それから間もなく、スー・イー(リー・ユアン)を介してゼブラが接触を図ってくる。ハオミンは覆面捜査官としてゼブラがいるサイバーテロ組織に潜入し、彼がたくらむ陰謀の情報をつかもうとする。やがて組織のバックに潜むモリタケシ(山下智久)に気に入られたハオミンは、高度なセキュリティーが敷かれたインフラ管理システムのハッキングを命じられる。

タイトルとURLをコピーしました