洋画 洋画サスペンス 洋画犯罪

スパロークリーク 野良犬たちの長い夜

洋画

THE STANDOFF AT SPARROW CREEK
製作年度:(2018)
製作国:アメリカ

出演: ジェームズ・バッジ・デイル, ブライアン・ジェラティ, パトリック・フィクスラー
監督: ヘンリー・ダナム

解説

銃乱射事件の襲撃犯をめぐり民兵組織の中で犯人捜しが始まるクライムスリラー。本作が長編デビュー作となるヘンリー・ダナムが監督を務め、トロント国際映画祭などで上映された。『スペクトル』などのジェームズ・バッジ・デール、『ATM』などのブライアン・ジェラティのほか、パトリック・フィスクラー、クリス・マルケイらが出演。

あらすじ

警察官の葬儀で銃の乱射事件が起き、極右民兵組織の倉庫から1丁の自動小銃が紛失したことが発覚する。アジトに集結した組織のメンバーが互いに不信感を募らせる中、元警官で尋問のエキスパートであるギャノンは、メンバーを一人ずつ尋問する。やがて、彼らが組織に所属することになった事情が明らかになる。

タイトルとURLをコピーしました