邦画 邦画ドラマ 邦画戦争

戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河

邦画

製作年度:(1971)
製作国:日本

出演: 滝沢修, 芦田伸介, 浅丘ルリ子, 北大路欣也, 吉永小百合
監督: 山本薩夫

解説

五味川純平の大河小説を豪華俳優陣で映画化した三部作の第二部。戦争へと突き進んでいく日本と、それぞれの愛に思い悩む若者が描かれる。  伍代財閥の次男である俊介は民主主義に傾倒しつつ、兄英介の元婚約者で今は他の男と結婚している温子への思いを募らせていた。俊介は熱い思いを温子に告白するが、彼女はそれを受け入れることができない。妹の順子は俊介の親友である耕平に思いを寄せていたが、耕平は反戦活動に生きる決心をしていた。伍代由介と弟の喬介は満州で阿片の密売を行っていたが、日本軍の特務機関として満州に渡っていた柘植進太郎に摘発されてしまう。国内では二・二六事件が発生、軍部の権力がますます増大していった。

タイトルとURLをコピーしました