洋画 洋画サスペンス 洋画ミステリー 洋画犯罪

バニシング

洋画

KEEPERS
THE VANISHING
製作年度:(2018)
製作国:イギリス

出演: ジェラルド・バトラー, ピーター・ミュラン, コナー・スウィンデルズ
監督: クリストファー・ニーホルム

解説

1900年にスコットランド沖の島で起きた失踪事件を、独自の仮説と解釈を盛り込み映画化したスリラー。予期せぬ事態に遭遇した3人の灯台守が、徐々に追い込まれていく。主演のジェラルド・バトラーが製作も兼任し、『マイ・ネーム・イズ・ジョー』などのピーター・ミュランに加え、コナー・スウィンデルズ、ソーレン・マリンらが共演。監督をクリストファー・ニーホルムが務めた。

あらすじ

スコットランド沖の無人島アイリーン・モア島に、灯台守のトマス(ピーター・ミュラン)、ジェームズ(ジェラルド・バトラー)、ドナルド(コナー・スウィンデルズ)がやって来る。嵐の夜の翌朝、三人はがけ下で倒れている男と木箱が積まれたボートを見つける。木箱を引き上げようとすると、倒れていた男が突如ドナルドに襲い掛かり、彼は身を守ろうとして男を殺してしまう。木箱の中には大量の金塊が入っていて、彼らは自分たちのものにしようとするが、それを捜す二人組の男が現れる。

タイトルとURLをコピーしました