洋画 洋画ドラマ

ベニスに死す

洋画

MORTE A VENEZIA
DEATH IN VENICE
製作年度:(1971)
製作国:イタリア / フランス

出演: ダーク・ボガード, ビョルン・アンドレセン, シルバーナ・マンガーノ, ロモロ・ヴァリ
監督: ルキノ・ビスコンティ

解説

イタリア映画界の巨匠、ルキノ・ヴィスコンティが、美少年への思いを募らせた老作曲家の苦悩を格調高く描いた文芸ドラマ。作曲家グスタフ・マーラーをモデルに描かれたトーマス・マンの原作を基に映画化。少年へ恋焦がれるあまりに破滅へと向かう作曲家を演じるのは、『召使』『ダーリング』などのダーク・ボガード。美少年を演じたスウェーデン出身のビョルン・アンドレセンの美ぼうも話題になった。マーラーの音楽と共に描き出される芸術的で退廃的な世界観を堪能したい。

あらすじ

1911年、イタリアのベニス。静養に訪れた作曲家のアシェンバッハ(ダーク・ボガード)は、宿泊先のホテルで見掛けた少年タジオ(ビョルン・アンドレセン)に一目で心を奪われる。タジオへの思いが抑えられないアシェンバッハだったが、折しもベニスではコレラがまん延し始め……。

タイトルとURLをコピーしました