洋画 洋画サスペンス 洋画ドラマ 洋画ファンタジー

ボーダー 二つの世界

洋画

GRANS
BORDER
製作年度:(2018)
製作国:スウェーデン / デンマーク

出演: エヴァ・メランデル, エーロ・ミロノフ
監督: アリ・アッバシ

解説

第71回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」でグランプリを受賞したミステリー。驚異的な嗅覚を持つ孤独な女性が、生活が一変する事件に巻き込まれる。監督のアリ・アッバシが、『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの著作を基にして、リンドクヴィストと共に脚本を手掛けた。出演はエヴァ・メランデル、エーロ・ミロノフら。

あらすじ

違法なものを持つ人をかぎ分けることができる税関職員のティーナ(エヴァ・メランデル)は、ある日、勤務中に風変わりな旅行者のヴォーレと出会う。彼を見て本能的に何かを感じたティーナは、後日自宅に招いて離れを宿泊先として貸し出す。ティーナはヴォーレのことを徐々に好きになるが、彼はティーナの出生の秘密に関わっていた。

タイトルとURLをコピーしました