洋画 洋画アクション 洋画ミステリー 洋画戦争

デンジャー・クロース 極限着弾

洋画

DANGER CLOSE: THE BATTLE OF LONG TAN
製作年度:(2018)
製作国:オーストラリア

出演: トラヴィス・フィメル, ルーク・ブレイシー, リチャード・ロクスバーグ
監督: クリフ・ステンダーズ

解説

ベトナム戦争に参加したオーストラリア軍兵士の姿を描いた戦争ドラマ。オーストラリア軍の兵士108人が2,000人の南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)に立ち向かった戦闘が映し出される。メガホンを取るのは『殺し屋チャーリーと6人の悪党』などのクリフ・ステンダーズ。ドラマシリーズ「ヴァイキング ~海の覇者たち~」などのトラヴィス・フィメルのほか、『ハクソー・リッジ』などのルーク・ブレイシー、『ヴァン・ヘルシング』などのリチャード・ロクスバーグらが出演する。

あらすじ

1966年8月18日。南ベトナムのヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地が、迫撃砲を用いたベトコンの攻撃を受ける。さらにハリー・スミス少佐(トラヴィス・フィメル)が率いるオーストラリア軍のD中隊は、発射地点を特定するための偵察に向かう途中でベトコン兵の大軍に囲まれ、機関銃を掃射されて28人構成の小隊の半数以上が負傷し、応援部隊も近づけない。この状況を打破するため、スミス少佐は危険を顧みず、近くの敵に対する迫撃砲攻撃を基地に要請する。

タイトルとURLをコピーしました