洋画 洋画サスペンス 洋画ミステリー

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件

洋画

QUE DIOS NOS PERDONE
MAY GOD SAVE US
製作年度:(2016)
製作国:スペイン

出演: アントニオ・デ・ラ・トレ, ロベルト・アラモ, ハビエル・ペレイラ, ルイス・サエラ
監督: ロドリゴ・ソロゴイェン

解説

スペインの映画賞「ゴヤ賞」で、6部門にノミネートされたサスペンスミステリー。連続レイプ殺人事件を追う二人の刑事が、真相を突き止めようと奔走する姿を映す。メガホンを取るのは、テレビシリーズなどを手掛けてきたロドリゴ・ソロゴイェン。『静かなる復讐』などのアントニオ・デ・ラ・トレ、『私が、生きる肌』などのロベルト・アラモのほか、ハビエル・ペレイラ、ルイス・サエラ、ラウル・プリエトらが出演する。

あらすじ

2011年、ローマ法王来訪が間近に迫ったマドリード。アパートで一人暮らしの高齢女性が殺害され、暴力刑事のハビエル(ロベルト・アラモ)と高い捜査力がありながらコミュニケーションが苦手なルイス(アントニオ・デ・ラ・トレ)が現場に向かう。被害者が性的暴行を受けていたことにルイスが気付き、事件は強盗殺人から強姦(ごうかん)殺人事件として捜査されることになる。手掛かりを追い求める中で新たな被害者が出るが、警察上層部は法王来訪前に世間を騒がせたくないと事件の隠ぺいを部下に命じる。

タイトルとURLをコピーしました