洋画 洋画アクション 洋画サスペンス 洋画犯罪

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

洋画

SICARIO: DAY OF THE SOLDADO
製作年度:(2018)
製作国:アメリカ

出演: ベニチオ・デル・トロ, ジョシュ・ブローリン, イザベラ・モナー, ジェフリー・ドノバン, マヌエル・ガルシア=ルルフォ
監督: ステファノ・ソッリマ

解説

麻薬戦争を題材にしたサスペンスアクション『ボーダーライン』の続編。麻薬カルテルの壊滅に乗り出すCIAの特別捜査官と、彼が雇う暗殺者を映し出す。『暗黒街』などのステファノ・ソッリマが監督を務める。前作に引き続いて『エスコバル 楽園の掟』などのベニチオ・デル・トロ、『ミルク』などのジョシュ・ブローリンが出演。脚本を、前作に引き続きテイラー・シェリダンが担当した。

あらすじ

アメリカで、メキシコを経由して不法入国したと思われる人物が、15人の死者を出す自爆テロを起こす。アメリカ政府はさらなる犯行を防ぐため、CIAの特別捜査官のグレイヴァー(ジョシュ・ブローリン)に、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルをかく乱させるよう命じる。グレイヴァーは、家族を殺したカルテルに恨みを抱く暗殺者のアレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)と共に麻薬王の娘をさらい、カルテル同士の抗争を引き起こそうとする。

タイトルとURLをコピーしました