洋画 洋画ドラマ

誰のせいでもない

洋画

EVERY THING WILL BE FINE
製作年度:(2015)
製作国:ドイツ / カナダ / フランス / スウェーデン / ノルウェー

出演: ジェームズ・フランコ, レイチェル・マクアダムス, シャルロット・ゲンズブール
監督: ヴィム・ヴェンダース

解説

近年『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』などのドキュメンタリーを手掛けてきた、ヴィム・ヴェンダース監督によるヒューマンドラマ。ある激しい雪の日の事故をきっかけに、1人の男性と3人の女性の運命が大きく変化していく様子を描写する。出演者はジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムスら。彼らが見せる、それぞれの登場人物たちの心の機微に感銘を受ける。

あらすじ

スランプ中の作家トーマス(ジェームズ・フランコ)は、恋人サラ(レイチェル・マクアダムス)とカナダのモントリオール郊外で暮らしている。大雪が降る中、車を運転していたトーマスが突然車の前に飛び出して来た何かにびっくりして急ブレーキをかけたところ、一人の少年がぼんやり座っていた。彼は少年の無事を確かめて家まで送るが……。

タイトルとURLをコピーしました