ラスト・キャバレー

邦画

製作年度:(1988)
製作国:日本

出演: かとうみゆき, 大地康雄, 渡辺航, 高樹陽子, 橋本杏子
監督: 金子修介

解説
キャバレー「ローズ」は柊信太郎が個人経営している店だった。信太郎は賑やかなことが好きで根っからの「キャバレー人」だ。店のピンクサービスにかつて繁盛した時代もあったが、昨今は風俗営業も多様化し、景気は落ち込むばかりで時代から取り残されようとしていた。都市再開発の波に押され、近々店は明け渡すことになっていた。信太郎は娘の逢維子と二人暮らしだった。子供だと思っていた逢維子は高校生になろうとしていた。

タイトルとURLをコピーしました