邦画 邦画エロス

濡れた壷

邦画

製作年度:(1976)
製作国:日本

出演: 谷ナオミ, 水野麻希, 立花りえ
監督: 小沼勝

解説

新宿でスナックを営む亜紀(谷ナオミ)。夫と母・梅子が駆け落ちしてからは、競馬狂いの父と浪人中の弟との3人で暮らす。そんな生活も1年が過ぎたころ、梅子が戻ってきた。悪びれる様子もなく、男と遊ぶために金をせびる母だが、亜紀は突き放すことなく接した。彼女は母に奪われた夫に対する未練はなかった。それよりも店の客で彼女にプロポーズしている岩崎との関係を大事にしたいのだ。ある日、亜紀は店の常連客である花松が経営するマネキン工場を訪れた。父親が花松から借金した5万円を返しにきたのである。裸体のマネキンが立ち並び、薄暗く艶めかしい雰囲気の室内。花松はおもむろに一体のマネキンの腕をもぎ取る、亜紀の体にその指を這わせていく……。

タイトルとURLをコピーしました