洋画 洋画コメディ

メン・イン・キャット

洋画

NINE LIVES
製作年度:(2016)
製作国:フランス/中国

出演: ケヴィン・スペイシー, ジェニファー・ガーナー, ロビー・アメル, シェリル・ハインズ, マーク・コンスエロス
監督: バリー・ソネンフェルド

解説

『メン・イン・ブラック』シリーズなどのバリー・ソネンフェルドが監督を務めたコメディー。猫に変身してしまった大企業の社長の衝撃的な猫ライフを、ユーモアたっぷりに描き出す。ケヴィン・スペイシー、ジェニファー・ガーナー、クリストファー・ウォーケンらが出演。そのほか『マックス』などのロビー・アメルや『ライフ・アフター・ベス』などのシェリル・ハインズらが共演。オスカー俳優ケヴィンが、“猫”に成り切る名演ぶりが見どころ。

あらすじ

仕事一筋の超ワンマン社長トム(ケヴィン・スペイシー)の目下の狙いは、北半球一高いビルを建設すること。目標達成のためには家族との時間も惜しんできた。ある日、妻のララ(ジェニファー・ガーナー)に翌日が娘のレベッカ(マリーナ・ワイズマン)の誕生日だと言われ、彼女がずっと欲しがっていた猫を贈ることに決めるが……。

タイトルとURLをコピーしました