洋画 洋画サスペンス 洋画犯罪

エンド・オブ・トンネル

洋画

AL FINAL DEL TUNEL
AT THE END OF THE TUNNEL
製作年度:(2016)
製作国:アルゼンチン/スペイン

出演: レオナルド・スバラーリャ, クララ・ラゴ, パブロ・エチャリ, フェデリコ・ルッピ
監督: ロドリゴ・グランデ

解説
『人生スイッチ』などのレオナルド・スバラーリャが主演を務めたサスペンス。車椅子生活を送るも、銀行襲撃を進める犯罪者たちから現金を強奪しようとする男の姿を追う。メガホンを取るのは、ロドリゴ・グランデ。『ヒドゥン・フェイス』などのクララ・ラゴ、『木曜日の未亡人』などのパブロ・エチャリ、『パンズ・ラビリンス』などのフェデリコ・ルッピらが共演する。

あらすじ
事故で妻子を失い、自分も車椅子生活を余儀なくされているホアキン(レオナルド・スバラーリャ)は、家の2階部分を娘を抱えるストリッパーのベルタに貸すことに。二人との交流を通して少しずつ明るさを取り戻していく中、地下室でトンネルを掘っているような作業音と話し声を耳にする。やがて、犯罪者たちが銀行に押し入るための地下道を掘り、ベルタたちがその計画に加担させられているのを知る。ホアキンは母娘を救うと共に犯罪者たちが奪った金を横取りしようとするが……。

タイトルとURLをコピーしました