洋画 洋画サスペンス 洋画ドラマ 洋画史劇

パフューム ある人殺しの物語

洋画

PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
製作年度:(2006)
製作国:ドイツ/フランス/スペイン
映倫 PG-12

出演: ベン・ウィショー, レイチェル・ハード=ウッド, アラン・リックマン, ダスティン・ホフマン
監督: トム・ティクヴァ

解説

世界45か国で発売され、1500万部の売上げを記録したパトリック・ジュースキントのベストセラー小説を映画化。『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァが監督を務め、美しい女性の香りを手に入れるため、恐怖の連続殺人鬼と化していく男の物語を描く。驚異的な嗅覚を持ち、一切の体臭を持たない主人公を演じるのは『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』のベン・ウィショー。目を疑ってしまうような、驚きの結末に注目したい。

あらすじ

18世紀のパリ、悪臭のたちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。驚異的な嗅覚を持つがゆえに、奇怪な青年として周囲に疎まれている彼は、ある晩、芳しい香りの少女に夢中になり、誤って殺してしまう。その後、彼は少女の香りを求めて調香師になり、香水作りに没頭するが……。

タイトルとURLをコピーしました