洋画 洋画アクション 洋画史劇

神弓-KAMIYUMI-

洋画

WAR OF THE ARROWS
BOW THE LAST WEAPON
製作年度:(2011)
製作国:韓国
映倫 PG12

出演: パク・ヘイル, ムン・チェウォン, リュ・スンリョン, キム・ムヨル, パク・ギウン
監督: キム・ハンミン

解説

1600年代の朝鮮半島を舞台に、朝鮮の弓士と清の精鋭部隊とのし烈な戦いを描き、2011年の韓国興行収入ナンバーワンを記録したアクション。清の精鋭部隊にたった一人の家族である妹を捕らえられたことから、障害物を避けながら的を射る「曲射」を操る主人公が、破壊力抜群の清の弓の名手とのバトルを繰り広げる。監督は、『極楽島殺人事件』のキム・ハンミン。主人公を、『殺人の追憶』などに出演するパク・ヘイルが演じる。CGなどを排して作り上げた豪快でスリリングなアクション・シーンは圧巻。

あらすじ

西暦1636年。清国が朝鮮半島に侵攻し、丙子の乱が勃発する。すご腕の弓士、ナミ(パク・ヘイル)は父の死後、妹ジャイン(ムン・チェウォン)と身をひそめるように暮らしてきた。そんな妹の結婚式当日、新郎新婦が清の精鋭部隊に捕らえられる。ナミは父の残した神弓を手に清の10万の大軍に突撃。そして、次々と敵を倒すナミに対して、清の弓のスペシャリストである猛将軍ジュシンタ(リュ・スンリョン)が立ちふさがり……。

タイトルとURLをコピーしました