洋画 洋画ドラマ 洋画ラブロマンス 洋画文芸

エンジェル (2007)

洋画

ANGEL
製作年度:(2007)
製作国:イギリス/ベルギー/フランス

出演: ロモーラ・ガライ, サム・ニール, シャーロット・ランプリング, ルーシー・ラッセル, マイケル・ファスベンダー
監督: フランソワ・オゾン

解説

1900年代初頭のイギリスを舞台に、幼いころから上流階級にあこがれ、16歳で人気作家としてセレブの仲間入りを果たした女性の夢と現実を描く人生ドラマ。監督は『スイミング・プール』の鬼才フランソワ・オゾン。思い描いた人生を手に入れるヒロイン、エンジェルを『ダンシング・ハバナ』のロモーラ・ガライが演じる。ゴージャスな作品世界の中に、女性ならではのたくましさやしたたかさ、さらには悲哀を浮かび上がらせるオゾン流女性映画。

あらすじ

1900年代初頭のイギリスの下町で、母親とともにほそぼそと暮らすエンジェル(ロモーラ・ガライ)は、あふれんばかりの想像力と文才が認められ、16歳にして文壇デビューを果たす。幼いころからあこがれていた豪邸“パラダイス”を購入し、ぜいたくで華美な暮らしを始める。そんな中、彼女は画家のエスメ(ミヒャエル・ファスベンダー)と恋に落ちるが……。

タイトルとURLをコピーしました