邦画 邦画エロス 邦画ドラマ

夜汽車の女

邦画

製作年度:(1972)
製作国:日本

出演: 田中真理, 桂知子, 織田俊彦, 丹古母鬼馬二, 雪丘恵介
監督: 田中登

解説

宮下教雄の脚本を田中登が監督したロマンポルノ。長谷川和彦が助監督を務めた。  考古学者の水城元には二人の娘がいた。姉の裕美と妹の冴子は異常なほど仲が良く、二人は都心から離れた閑静な高級住宅街に住んでいた。しかし裕美に縁談の話が持ち上がると、冴子はそれを邪魔しようとするのだった。縁談の相手は父の研究室で働く有川だったが、有川は水城家の遺産が目当てだった。冴子は有川を誘惑し、有川は冴子との結婚を決意。しかし有川は元から、冴子は不義の子であり、裕美と結婚しなければ財産は相続させないと言われてしまう。有川と妹とのことを知った裕美は一人で信州へ旅立った。有川は彼女を追いかけ、冴子はそんな二人を追うため夜汽車に乗り込むのだった。

タイトルとURLをコピーしました