邦画 邦画エロス 邦画サスペンス 邦画ラブロマンス

完全なる飼育 赤い殺意

邦画

製作年度:(2004)
製作国:日本
映倫 R-15

出演: 大沢樹生, 佐野史郎, 伊東美華, 石橋蓮司
監督: 若松孝二

解説

さまざまな衝撃作を発表し続けてきた鬼才・若松孝二監督が、肺がんを克服し7年ぶりに現場に復帰した入魂の一作。実在の事件を映画化した人気シリーズ第6作目は、雪深い山奥の一軒家で10年間も監禁されてきた少女と監禁男、少女に匿われる殺人犯の奇妙な三角関係を描く。監禁男役には個性派・佐野史朗。ヒロイン役の伊東美華は映画初出演ながら、過激な監禁描写を体当たりでこなした。密室劇を得意とする若松監督ならではの、スリリングな演出が冴える。

あらすじ

金に困り殺人を請負ったホストの関本(大沢樹生)は、逃走中に負傷し1軒の民家に逃げ込む。そこで怯えた様子の少女・明子(伊東美華)と出会う。家主の山田(佐野史朗)が帰宅して屋根裏部屋に隠れた関本は、明子が山田に監禁、飼育されていたことを知る。

タイトルとURLをコピーしました