邦画 邦画エロス 邦画ドラマ

牝猫たちの夜

邦画

製作年度:(1972)
製作国:日本

出演: 桂知子, 原英美, 牧恵子, 吉澤健, 影山英俊
監督: 田中登

解説

中野顕彰の脚本を田中登が監督したロマンポルノ。「花弁のしずく」に続く田中の監督第二作目。  新宿のトルコ風呂(ソープランド)で働く昌子とジュンとおみつは大の仲良しで、三人とも売れっ子のトルコ嬢だ。昌子はアパートの隣に住む本多と付き合っているが、本多はゲイの誠を可愛がっていた。恋人ができた誠を男にしてほしいと頼まれ、昌子は仕方なく誠と交わることにした。初めてのセックスに成功した誠は、恋人のチコと会って事に及ぶが、あえなく失敗し衝動的にマンションから飛び降り自殺を図る。ジュンはチンピラの健と付き合っていたが、健の兄貴分の堺に寝取られてしまう。そしておみつは美容院経営を目指して貯め込んだ金を、銀行員に持ち逃げされてしまい…。

タイトルとURLをコピーしました