ヤクザと憲法



製作年度:(2015)
製作国:日本

監督: 土方宏史

解説
「暴力団排除条例」などの施行がもたらしたヤクザの暮らしや考え方の変化について、大阪の指定暴力団「二代目東組二代目清勇会」に取材したドキュメンタリー。1990年代から2000年代にかけて法律や条例が制定されたのを機に、銀行口座の開設不可、自動車保険の交渉がこじれたら恐喝で逮捕されるといった状況になっているヤクザたちの現実を活写する。監督は、『ホームレス理事長 ~退学球児再生計画~』を手掛けた土方宏史。ヤクザの人権という表立っては語られなかった観点で描かれた一作。

あらすじ
大阪府堺市の住宅街に位置する指定暴力団「二代目東組二代目清勇会」の事務所。以前のヤクザは賭け事の仕切りと祭りの露天商を稼業としていたが、覚せい剤の密売を行うようになり、昭和40年代前後に組同士の抗争が激しさを増す。「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)」「暴力団排除条例」が施行されてからは、ヤクザは銀行口座開設が不可能なため子供の給食費が引き落とせないといった問題も起きているという。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の対応を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。
【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑