帝銀事件 死刑囚

公開日: :
邦画, 邦画ドラマ, 邦画犯罪


製作年度:(1964)
製作国:日本

出演: 信欣三, 内藤武敏, 笹森礼子, 北林谷栄, 高品格
監督: 熊井啓

解説
昭和23年に帝国銀行で起きた毒物殺人事件をドキュメンタリータッチで描き、事件の謎とジャーナリズムの姿に迫った社会派サスペンス。「海と毒薬」「忍ぶ川」で知られる熊井啓の監督デビュー作。東京都豊島区の帝国銀行椎名町支店に、東京都衛生課員を名乗る中年の男が現れた。男は「近くで赤痢が発生した」と告げ、行員16人に予防薬と称して青酸化合物を飲ませ、現金と証券を奪って逃走した。新聞記者の武井は、青酸化合物が七三一部隊により作られたことを知り取材を始めるが、GHQから追及をやめるよう要請される。そんな中、警察は画家の平沢貞通を逮捕した。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑