洋画 洋画SF 洋画アクション

ゴースト・イン・ザ・シェル

洋画

GHOST IN THE SHELL
製作年度:(2017)
製作国:アメリカ

出演: スカーレット・ヨハンソン, ビートたけし, マイケル・カルメン・ピット, ピルー・アスベック
監督: ルパート・サンダーズ

解説
『スノーホワイト』などのルパート・サンダーズが監督を務め、士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を、スカーレット・ヨハンソンやビートたけしらを迎えて実写映画化。近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐が指揮する捜査組織公安9課の活躍を描く。『イングリッシュ・ペイシェント』などのジュリエット・ビノシュや『シルク』などのマイケル・ピットらが共演。敵と対峙(たいじ)する公安9課を、どのように描くのかに注目。

あらすじ
近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。

タイトルとURLをコピーしました