赤い波止場

公開日: :
邦画, 邦画サスペンス


製作年度:(1958)
製作国:日本

出演: 石原裕次郎, 北原三枝, 中原早苗, 大坂史郎, 岡田真澄
監督: 舛田利雄

解説
神戸の桟橋で、杉田は落ちてくるクレーンの下敷きとなって死んだ。この麻薬売買のいざこざから過失と見せかけた殺人の現場に、偶然いあわせたのは通称左射ちの二郎こと富永二郎(石原裕次郎)だった。彼は東京で五人のヤクザを片付け神戸に流れついた。キャバレーの用心棒をしているタア坊(岡田真澄)は、二郎を兄貴と呼んで慕っていた。死んだ杉田の妹・圭子(北原三枝)は、東京の大学をやめて、神戸へ帰って来た。二郎は圭子にひと目惚れした。彼の動静に絶えず眼を向けているのは、野呂刑事(大坂史郎)である。だがある日桟橋には、二郎とタアア坊と野呂の三人が並んで散歩している奇妙な風景が見られた。



リンク先の動画・画像・音声等の知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問は各動画共有サイトへ直接おねがい致します。 尚、当サイトを利用することによりいかなる損害が生じても、管理人は一切の責任を負いませんのでご了承ください。当サイトは動画のリンクを紹介しているサイトです。アップロード等は一切行っていません。
紹介記事に問題がありましたら記事の修正・削除を行いますのでお手数ですが以下のフォームにて
お問い合わせください。

【お問合わせフォーム】

  • ※無料お試し期間中に退会された場合は、料金はかかりません。
PAGE TOP ↑